法政大学でギタークラブに所属し、
クラシックギターとラテンパーカッションを習得。
様々なプロ活動を経て、
1975年 ブラジルに音楽武者修行。
帰国後「ロスインディオス」のメンバーに。
1979年 日本初のサンバグループ
「オパ」(東芝EMI)に加入。
以来、自らのサンバ & MPBグループ「ÁMAME = ALVORADA(改め)」や、
長谷川きよしのセッション、ネルソン・サルジェントを
はじめとする国内外のアーティストとの、
レコーデイング、コンサートなどを通じて、
ブラジル音楽の普及に尽力している。
 
近年は、日本のリズムに着目した、
「岡林信康グループ = 御歌囃子」の核としても活躍中。
 
“魔法の指”  が叩き出す、
繊細な間合いと大きく心地よいグルーヴ感は、
聴く人の心を捉えて離さない。

 SouYUTAKA YOSHIDA = 吉田 豊 ”